日本医師会・中川会長が今度は〝寿司デート〟報道 「国民の手本になるような団体じゃない」

日本医師会・中川会長が今度は〝寿司デート〟報道 「国民の手本になるような団体じゃない」
拡大する(全1枚)
日本医師会

 まん延防止等重点措置中に政治資金パーティーを発起人として開いていたとして批判された、日本医師会の中川俊男会長(69)にまたまたスキャンダルだ。20日発売の「週刊新潮」が、昨年8月に中川氏が女性と〝すしデート〟をしていたと報じたのだ。当時の中川氏は「我慢のお盆休み」を国民に要請していた。関係者からは「そもそも日本医師会は、自粛のお手本になるような組織じゃない」と厳しい指摘が出ている。

 中川氏は日本医師会のトップとして連日のように記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、〝医師の代表〟として国民に対して自粛を強く要請してきた立場だ。ところが4月20日に東京都内で行われた、自身が後援会長を務める自民党の自見英子参院議員の政治資金パーティーに、日本医師会幹部ら約100人とともに参加。自ら自粛破りをしてひんしゅくを買った。

 それだけでなく、昨夏には女性とすしデートにしけこんでいたというからあきれるしかない。週刊新潮によると昨年8月25日、客単価2万円を超える高級すし店で、ショートヘアで細身の40代とおぼしき女性と食事を楽しんだという。

 店内は満席で、カウンターの席と席との間にアクリル板もなかったというから、コロナ対策は満足なものでなかったといえるだろう。その店で中川氏と女性は、マスクを外してお酒もたしなみつつ、1時間半ほど食事を楽しんだという。

 週刊新潮の直撃に対し中川氏は、すしデートについて「記憶にないな」と話しているが、もし事実なら、中川氏の〝自粛破り〟は、昨日今日の話ではなかったわけだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク