【ボクシング】東京五輪女子フライ級代表・並木月海 幼なじみの天心へ宣戦布告「今のうちに顔に5、6発くらい入れてやろうかな」

 インタビュー中、一度だけスイッチが入った瞬間がある。那須川に敗れた話をした時だ。来年からボクシングに転向する話題になると「まだ天心は本業じゃないので、今のうちに顔に5、6発くらい入れてやろうかな(笑い)」と宣戦布告。その目には明らかに闘争心が宿っていた。

 並木の野望は「東京五輪金メダル」と「女子ボクシングの普及」。だが、今も昔も「将来の夢は?」と聞かれると、決まって「お嫁さんになること」と答える。そこで「那須川との“電撃結婚”の可能性は?」とムチャぶりした。

 並木 天心と、ですか? いやー、さすがにちょっと、ないですね(笑い)。結婚相手は逆に格闘技とかやっていない、優しい人とかがいいかなあ。

 やはり那須川はパートナーではなく戦友。初対戦から約16年、紆余曲折を経て2人の第2ラウンドが始まろうとしている。

【那須川からエール】那須川は2022年3月に立ち技格闘技イベント「RISE」でキックボクサーを引退し、ボクシング転向を発表している。物心ついたころから格闘技界で宿命的に交わる幼なじみを「なかなかいないお互いに高め合える存在」と表し、高校時代にスパーリングした時の印象を「パワーが半端ない。男かと思った」と振り返る。
 幼稚園で出会ってから四半世紀。ともに世界最強を目指す戦友に対して「お互いにやれるところまでやり切ろう!」とエールを送った。

 ☆なみき・つきみ 1998年9月17日生まれ。千葉・成田市出身。幼少期から極真空手、キックボクシングを習い、中学2年からボクシングを始めた。花咲徳栄高(埼玉)時代は片道2時間半かけて通学。那須川のジムに通ってスパーリングも行った。2018年の世界選手権女子フライ級で銅メダル。東京五輪出場なら日本女子ボクシング第1号となる。左ファイター。153センチ。きょうだいは姉と兄2人。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ボクシング」に関する記事

「ボクシング」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ボクシング」の記事

次に読みたい「ボクシング」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク