船木誠勝が語る藤原組離脱 「北尾八百長発言」SWS騒動に左右され…またも後味の悪い結末

 ハイブリッドレスラー・船木誠勝(52)が、これまでに遭遇した様々な事件の裏側や真相を激白する大好評企画。今回はプロフェッショナルレスリング藤原組からの「船木離脱事件」をクローズアップする。UWF解散で路頭に迷っていたところを助けられ、ギャラなどでも最高の待遇を受けたにもかかわらず、なぜ船木は藤原組組長・藤原喜明と袂を分かつことになってしまったのか。いま、そのすべてを語る。


【THE FACT~船木が見た事件の裏側(6)】メガネスーパーがスポンサーだった藤原組は何でもすぐに用意されました。自分たちへの支度金はン千万円。700万円くらいのクルマを現金で買いました。給料もそれまでの3倍。百数十万円ですよ。目黒の家賃50万円のマンションに替わりました。タレントの千堂あきほさんとか、芸能人も住んでましたね。

 1990年12月にUWFが解散して、翌91年の1月のことです。ついこの前まで「明日のメシ、どうしようか」って言ってたのが、180度逆の暮らし。安心を通り越してダラけたっていうのが正直なところです。

 試合は月に1回。内容もUWFのスタイルを踏襲してました。でも、お客を入れるのに苦労してましたね。全日本プロレスから天龍(源一郎)さんを引き抜いたりしたメガネスーパーのSWSは〝金権プロレス〟と一部のプロレスマスコミから批判され、ファンも拒絶反応を示す傾向がありました。藤原組はSWSとは別組織なんで大丈夫かなと思ったんですが、バレますね。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「レスリング」に関する記事

「レスリング」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「レスリング」の記事

次に読みたい「レスリング」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク