【新日本】IWGP世界王者・鷹木がアニマル浜口ジムに凱旋 歓喜のご祝儀「気合だ!!」100連発注入!

 気合の充電完了だ! 新日プロレスのⅠWGP世界ヘビー級王者・鷹木信悟(38)が原点回帰した。レスラーを志しアニマル浜口ジムに入門して20年で業界最高峰王座にたどり着いたザ・ドラゴンは、アニマル浜口氏(73)の元を電撃訪問。師匠とレスリング元世界女王でアテネ&北京五輪銅メダルの浜口京子(43)にベルト奪取を報告した。2人から快挙を激賞されると同時に気合を注入されたことで、プロレス顔の新しい顔として決意を新たにしている。

 鷹木は7日の大阪城大会でオカダ・カズチカ(33)を撃破し、IWGP世界王座を初戴冠。V1戦の相手には飯伏幸太(39)を指名している。14日からの新シリーズ開幕を前にして訪れたのが、東京・浅草のアニマル浜口ジムだ。

 山梨から上京してちょうど20年となる鷹木は「師匠も上がっていた団体だし、報告しないとね。ベルトを取った時は、今までやってきた苦労も全て忘れてしまうほど最高の気分だった。(話が長すぎて中略)師匠の言っていた『一瞬の歓喜のために人間は苦しむんだ』って言葉を思い出したしね」と、その意図を説明した。

 最高峰王座を持って凱旋した鷹木を待っていたのは、想像以上の歓迎だった。ジム生時代にスパーリングパートナーを務めた京子が祝福の花束と、直筆のメッセージボードを用意。師匠の浜口氏も歓喜の「気合だ!」100連発でたたえてくれたという。

 本紙の取材に応じた浜口氏は「よくここまで頑張って頂点に立ちましたね。すごいね。よく一切の困難を乗り越えてでっかい夢をつかんだ。(弟子と同じく話が長すぎて中略)この道場には若者が日本全国から来ます。プロレスラーになりたいと。そういうみんなに夢を分け与えたんじゃないかな」と語った。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「新日本プロレス」に関する記事

「新日本プロレス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「新日本プロレス」の記事

次に読みたい「新日本プロレス」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク