エンゼルス・大谷が2年ぶり1試合2発 角度18度の弾丸ライナーと左中間への完璧一発

 エンゼルス大谷翔平投手(26)は18日(日本時間19日)に本拠地アナハイムでのタイガース戦に「2番・DH」で出場し、5回の第3打席に20号2ラン、8回の第5打席に21号ソロをを放ち、5打数2安打3打点だった。チームは11―3で大勝して2連勝。勝率5割に復帰した。

 エンゼル・スタジアムの観客の度肝を抜く驚弾が飛び出したのは3―0の5回一死一塁だった。相手先発の右腕ウレーニャがカウント2―2から投じた6球目、内角のツーシームを腕をたたんでフルスイング。角度18度の低い弾道で打ち出した114マイル(約183キロ)の弾丸ライナーは重力を無視してそのまま右翼席に飛び込んだ。飛距離は400フィート(約122メートル)だった。スタンドのどよめきはしばらく収まらなかった。

 これでメジャー1年目の2018年以来、3年ぶりに20号に到達。日本人選手で20号に2度到達したのは松井秀喜(5度)以来、2人目だ。

「SHO TIME」は終わらない。10―2の8回二死無走者でマウンドは5番手の右腕ヒメネス。1ストライクからの2球目、内角のチェンジアップを引き付けて逆方向へ。26度の角度で夜空に舞い上がった打球は左中間席に飛び込んだ。打球速度109マイル(約175キロ)、飛距離408フィート(約124メートル)の完璧な一発にスタンドは大熱狂だ。

 1試合2発は19年6月30日のアスレチックス戦以来、2年ぶり4度目。今季19度目のマルチ安打を記録した。これでリーグ単独2位でメジャートップを走るブルージェイズのゲレロ、パドレスのタティスの22号に1本差に急接近。打点も50となり、メジャートップのゲレロの56打点と6打点差だ。


当時の記事を読む

大谷翔平のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大谷翔平」に関する記事

「大谷翔平」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大谷翔平」の記事

次に読みたい「大谷翔平」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク