新型コロナ感染の立花孝志氏が退院「コロナは風邪」の持論は曲げず…ゴルフ場へ向かう

新型コロナ感染の立花孝志氏が退院「コロナは風邪」の持論は曲げず…ゴルフ場へ向かう
拡大する(全1枚)
立花孝志氏

 新型コロナウイルスに感染し、入院していた古い政党から国民を守る党の立花孝志党首(53)が21日、退院し、自身のユーチューブチャンネルで報告した。

 立花氏は今月8日にコロナ陽性が判明し、自宅療養を開始。微熱が続き、せきが止まらないため11日に保健所の指導で都内の病院に入院していた。

 退院後、ゴルフ宣言していた立花氏はゴルフウエアに身を包み、車内から動画を撮影。「11日間入院したが、みなさんご心配お掛けしました。『コロナは風邪』というのはその通りだなというのが、正直な感想です」と切り出した。

 立花氏は「コロナは風邪」と発言しながらも入院したことで炎上したが、「コロナに関しては、いろんな価値観があって、考え方が違う。決して怖い病気ではないと思います。ただ(治癒するまで)時間がかかるのと、感染力が強いということで基礎疾患、高齢の方は気をつけないといけない。風邪でもおっさんは入院する、じじいは死んじゃう。風邪はそれくらい怖い病気だが、健康な人には大したことがない」と持論の「コロナは風邪」の考えに変わりがないことを強調した。

 立花氏は「これからもコロナは怖いという人は言い続けるでしょう。僕自身はこんなことで経済を止めるべきレベルじゃないし、五輪はやるべきだし、医療の進歩を肌で感じた。ワクチンはすごいものなんだろうと。2~3か月すれば、ワクチンが行き届く。日本の中もコロナは忘れ去られる日が年内には来る」と〝コロナ狂騒曲〟は早期に終わると指摘した。

「いずれにしても、これだけの医療態勢を構築してくれた政治家、官僚、医療従事者には感謝したい。ゴルフをして、明日から業務に復帰したい」と結び、ゴルフ場へ向かった。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク