久代萌美アナだけじゃない!フジで大規模人事 藤村さおりアナは報道局〝部長〟に抜擢

久代萌美アナだけじゃない!フジで大規模人事 藤村さおりアナは報道局〝部長〟に抜擢
拡大する(全1枚)
藤村さおりアナ

 フジテレビで大規模な人事が行われた。注目されたのは、昨年末にユーチューバー・北の打ち師達のメンバー、はるくん(25)と結婚した久代萌美アナウンサー(31)のネットワーク局異動だが、ほかにも男性アナ女性アナをめぐって〝地殻変動〟があった。

 同局「バイキングMORE」の進行MC・伊藤利尋アナウンサー(48)は来月1日付で編成制作局アナウンス室の部長職から情報担当の局次長職に昇格。現在は情報担当の部長職を務めている。

 バラエティーを主戦場に活躍する佐野瑞樹アナウンサー(49)もバラエティー担当の局次長職に昇進。佐々木恭子アナ(48)はチーフアナウンサーから部長職に昇格する。

 佐藤里佳アナウンス室長(54)は、CSR・SDGs推進室へ異動。流行りのSDGsに関わる部署だが、局内では「栄転か何なのかわからない」といった声も…。

 中堅どころでは、森本さやかアナ(43)が人事局、小穴浩司アナ(39)は広報局、大村晟アナ(29)はスポーツ局に異動となる。

 局内で地味に話題となっているのが、1996年入社の藤村さおりアナ(47)の報道局異動だ。新しい役職というのが「FNNプロデュース部 部長職」だそうで、系列局とニュースのやりとりをする重要任務だ。

「アナウンス室からいきなりの報道局異動、それも熟練のスキルが必要となる部長職ですから、局内では『大丈夫か?』という声も上がっています。裏を返せば、それだけ彼女に対する上層部の期待値が高いということ」(関係者)

 テレビ局の〝花形〟であるアナウンサー職も、コロナ禍の影響でスタジオの出演人数が限られたり、取材現場の制限などで、どこの局もダブついてきている。

 今後他局でも同様の〝体制変化〟が起きるとみられる。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

久代萌美のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「久代萌美」に関する記事

「久代萌美」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「久代萌美」の記事

次に読みたい「久代萌美」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク