中日・小笠原が無念の6回途中3失点KO「こんな試合にしてしまい、申し訳ない…」

中日・小笠原が無念の6回途中3失点KO「こんな試合にしてしまい、申し訳ない…」
拡大する(全1枚)
中日・小笠原

 中日・小笠原慎之介投手(23)が3日のヤクルト戦(バンテリン)で先発し、5回0/3を6安打3失点で降板。4四球と制球を乱すなど、自己最多となる6勝目はまたもお預けとなった。

 初回は2三振を含む三者凡退で順調な立ち上がりに見えた。しかし、2回に一死から安打と四球を与え、その後、重盗などで二死二、三塁とされると、8番・古賀に痛恨の中前2点適時打を浴び先制点を献上。

 さらに2点ビハインドの4回には2四球と安打で無死満塁のピンチを招き、またも古賀に中前へ適時打され3点目を失った。

 6回まで続投したが、先頭の吉田大成に四球を与えところで、与田監督から藤嶋との交代を告げられた。小笠原は球団を通じ「こんな試合にしてしまい、申し訳ないです…」とコメントした。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク