巨人・原監督 東京五輪出場辞退のエース菅野にゲキ「バネにしていこうじゃないか」

 巨人・原辰徳監督(62)が3日、東京五輪出場の辞退を申し入れた菅野智之投手(31)に激励の言葉を送った。

 侍ジャパンの選手登録期限が5日に迫ったなか、右腕が大きな決断を下した。巨人もこの日に菅野の辞退を正式発表。指揮官は神宮球場で行われたDeNA戦後に報道陣に応対し「本人は悔しいでしょうけどね。苦渋の決断であり、本人も最善のなかで代表チームの一人として、そういう決断をしたということ」とエースの心中を思いやった。

 さらに、原監督は「結果報告は(あった)。こういう形で稲葉監督とお話しましたというところで」と菅野から連絡があったことを明かし「悔しいだろうけど、これをバネにしていこうじゃないかと。本人が一番悔しいでしょうしね」と語った。

 球団の発表によると、菅野が辞退した理由は「コンディション不良」。強いあこがれを抱いていた五輪の夢舞台に立つことはかなわなかったが、どうにか前へ進むしかない。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

原辰徳のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「原辰徳」に関する記事

「原辰徳」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「原辰徳」の記事

次に読みたい「原辰徳」の記事をもっと見る

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク