【CBC賞】熊本産馬初のJRA重賞Vを狙ったヨカヨカは5着に敗れる 和田竜「手応えは良かったけど…」

 4日の小倉競馬場で行われたサマースプリントシリーズ第2戦・CBC賞(3歳以上GⅢ、芝1200メートル・ハンデ)は、鮫島克駿騎手騎乗のファストフォース(牡5・西村厩舎)が、ハナを奪ってそのまま押し切り。前日に塗り替えられたばかりの日本レコードを0秒4も更新する1分06秒0の音速タイムで初タイトルを獲得した。

 熊本産馬初となるJRA重賞勝利を狙った3歳牝馬のヨカヨカ(谷厩舎)は、小倉競馬2戦2勝の実績に、51キロの軽量もあって1番人気に支持されたが、激流に追走一杯となり、5着になだれ込んだだけで終わった。「スタートは出て、内に潜り込んで手応えも良かったけど、伸び切れなかったね」とは手綱を取った和田竜騎手。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「小倉競馬場」に関する記事

「小倉競馬場」に関する記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク