西武・松坂大輔が今季限り引退 平成の怪物、WBC2大会連続MVP

西武・松坂大輔が今季限り引退 平成の怪物、WBC2大会連続MVP
拡大する(全1枚)
近年はケガに苦しんだ西武・松坂

 西武松坂大輔投手(40)が今季限りでの現役引退を決断したことが7日、関係者への取材で分かった。

 松坂は2020年、ソフトバンクから古巣・西武へ14年ぶりに復帰。だが、同年7月に首の痛みと右手のしびれがあるとして「脊椎内視鏡頸椎(けいつい)手術」を受け、その後は今季まで登板がなかった。

 1998年、横浜高3年時にエースとして甲子園を春夏連覇。「平成の怪物」のニックネームで一気にスターダムにのし上がった。同じ1980年世代には杉内俊哉村田修一(ともに現巨人コーチ)、藤川球児(元阪神)、館山昌平(楽天コーチ)ら高レベルな選手が多く生まれ、のちに一斉にプロ入りしてからは〝松坂世代〟の呼び名が定着した。ただ、近年は引退する選手が相次ぎ、松坂を除いた残る現役はソフトバンク・和田毅だけとなった。

 日米通算170勝を挙げ、NPBでは最多勝3回、最優秀防御率2回、最多奪三振4回のタイトルを獲得。2006、09年のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)では日本の連覇に貢献して2大会連続で最優秀選手(MVP)に選出された。

 平成球界のど真ん中でスポットライトを浴び続けた怪物右腕が、静かにユニホームを脱ぐ。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク