【プロキオンS】伏兵メイショウカズサがレコードV 頭打ちの成績から激変した理由

 レース創設以来初めて小倉競馬場で行われた11日のGⅢ第26回プロキオンS(ダ1700メートル)は、9番人気の伏兵メイショウカズサ(牡4・安達)がV。コースレコード&JRAタイレコードとなる1分40秒9(重)のタイムで豪快に駆け抜けた。2、3着にも人気薄が入り大波乱決着となったこのレース。オープン昇級後は頭打ちとも言える成績から一変してみせた勝ち馬の激変のワケを探る。

 直前から降りだした雨は各馬がゲートインするころにはさらに勢いを強め、先を見通せないほどの豪雨に。雷鳴が響く不穏な天候がすでに大波乱を暗示していたのか…。

 レースが動きを見せたのは3コーナー過ぎ。果敢にハナを切ったメイショウウズマサ、それに2番手からの早め進出で馬体を併せに行くトップウイナーの先行2騎が後続を引き離しにかかる。前日にレコードが2鞍マークされた小倉ダートとなれば、後方待機策では前に追いつけないのも必然。各ジョッキーとも、いつもより早めにポジションを上げていこうと試みたが…。追走でなし崩しに脚を使わされる形となり、“速すぎる”時計に伸びあぐねる馬が直線では多数見られた。

 そんな状況下で降りしきる雨を切り裂くように、ただ一頭目立つ伸び脚を繰り出したのがメイショウカズサ。しぶとく粘る2、3着馬を並ぶ間もなく抜き去ると、1分40秒9という驚がくのJRAタイレコードを叩き出し、初重賞タイトルを手にした。

 9番人気の低評価を覆す圧巻のレースに松山は「ようやくこの馬本来の力を発揮してくれました」としてやったりの表情。「2列目の位置となりましたが、そこで手応え良く集中力も保つことができました。気持ちの切れてしまうところのある馬ですが、最後までしっかりと走り切ってくれました」とメンタル面が向上していたことに加え、「こういう馬場は得意だと思っていましたし、小倉コースでも結果を出しているので、馬の力を信じて騎乗しました」と舞台設定もバッチリ合っていたことを勝因に挙げた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「小倉競馬場」に関する記事

「小倉競馬場」に関する記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク