【セレクトセール】レッツゴードンキの廣崎氏がディープ産駒を1億2000万円で落札 「お世話になりましたから」

 日本最大のサラブレッドせり市場「セレクトセール2021」の初日1歳馬セッションが12日、北海道苫小牧市のノーザンホースパークで行われた。

 19年にこの世を去ったディープインパクトの最終世代で、日本で血統登録されたのはわずか6頭という〝プレミア6〟のうちの一頭、ワッツダチャンセズの20(牝=母父ダイヤモンドグリーン)は、1億2000万円(税抜き)で廣崎利洋HD(株)が落札した。

 これまでレッツゴードンキ、ストレイトガールなど数々の活躍馬を所有してきた廣崎オーナーは「ディープにはこれまでお世話になりましたから。(今日上場された)ディープ4頭のうちの1頭なのでぜひともと思っていました。馬としてもいいですし、現役はもちろん、牝馬ですので、その先も見て購入しました」と繁殖牝馬としてのバリューも見越して落札したと語った。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク