【オールスター】これぞ球宴! 西武・森が〝マン振り転倒〟で場内わかす

 これぞオールスターの〝醍醐味〟だ。16日の「マイナビオールスターゲーム2021」第1戦(メットライフ)で、西武森友哉捕手(25)が代名詞のフルスイングでスタンドをわかせた。

 初回からファンの視線をかっさらった。「2番・捕手」でスタメン出場の森は一死走者なしの場面で、全セ先発の高橋(巨人)が投じた初球の147キロ直球を強振。バットにこそ当たらなかったが、豪快すぎるスイングで勢い余った森は尻もちをつく格好で転倒だ。これほどの〝マン振り〟は球宴ならではだろう。

 ファンも大喜びで、最終的に森は三ゴロに打ち取られたが、大きな拍手を送られた。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク