【東京五輪】亡命多発! ウガンダ選手の失踪…1か月で2人目

【東京五輪】亡命多発! ウガンダ選手の失踪…1か月で2人目
拡大する(全1枚)
泉佐野警察署

 大阪・泉佐野市で合宿中に失踪した東京五輪ウガンダ選手団の重量挙げ選手ジュリアス・セチトレコ(20)が大阪・泉佐野市で合宿中に行方不明になった。実は同国五輪関係者では1か月間で2人目の失踪者で、過去にも亡命が多発している。

 6月18~20日にモナコで行われた東京五輪7人制ラグビー最終予選では、新型コロナウイルス感染者が複数出たことで大会を棄権したウガンダ選手団からジェームズ・オドンゴが消え、現在も行方がわかっていない。

 両者ともに五輪出場を逃した直後で、PCR検査の場に現れず失踪が判明したという共通点がある。

 同国では選手の逃走はめずらしくないようだ。ウガンダメディア「ザ・オブザーバー」などによると、2014年にグラスゴーで開催されたコモンウェルスゲームズでは、ラグビー2選手が国に戻らず。グラスゴーの洗車場で働いたのちに亡命を許され、ウェールズ・カーディフのチームに加入した伝えられている。また、17年にはミュンヘンで開催された7人制ラグビーフェスティバルで、3選手が逃走。後に亡命が許された模様で、ドイツのクラブチームでプレーしていた。

 バブルの穴を軽々と突き破り、消えたセチトレコ。一体どこにいるのだろうか。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク