巨人・山口コーチがG育成出身初の一軍入閣 「世代交代」とは別に期待される “鉄腕” の役割

巨人・山口コーチがG育成出身初の一軍入閣 「世代交代」とは別に期待される “鉄腕” の役割
拡大する(全1枚)
原監督の期待は大きい巨人・山口コーチ

 若き指導者が大役を担う。巨人は新たなコーチ人事を19日に発表し、山口鉄也二軍投手コーチ(37)が一軍に配置転換となった。現役時代にはプロ野球記録となる9年連続60試合登板を果たした〝鉄腕リリーバー〟の一軍入閣。かねて原辰徳監督(62)が重きを置く「次世代のリーダー育成」を加速させたいという狙いがあるが、今回のメス入れにはもう一つの思惑も見え隠れする。その内容とは――。


 新たに発表されたコーチ人事では、5人が異動。5月下旬に配置転換となっていたバッテリー部門は、相川亮二コーチ(45)が一軍、実松一成コーチ(40)は二軍、加藤健コーチ(40)は三軍のバッテリーコーチへと、開幕時の布陣に戻ったが、最大の注目は杉内俊哉一軍投手コーチ(40)に代わって一軍に〝昇格〟した山口コーチだ。

 山口コーチは現役時代の2005年、大リーグ・ダイヤモンドバックス傘下から巨人の入団テストを経て、育成ドラフト1位で入団。育成出身選手の一軍入閣は球団史上初で、新たな歴史の1ページを刻む人事となった。

 一軍に新たな風を入れた原監督だが、2つの思惑がありそうだ。その1つは3度目の監督就任以降、注力してきた「新時代のリーダー」の育成。指揮官は今回の人事についても「(現コーチ陣の中心は)若い人たちだから経験をね。もちろんファームでも三軍でも経験はできるけど、やっぱり一軍で〝実弾〟が飛び交っているところというのはね。それぞれが経験してもらうことでお互いの刺激にもなるし。こっちも勉強になる」と説明。それぞれの新たなフィールドでの経験を、今後の指導者人生のための「肥やし」としてほしい考えだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

原辰徳のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「原辰徳」に関する記事

「原辰徳」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「原辰徳」の記事

次に読みたい「原辰徳」の記事をもっと見る

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク