真矢ミキが〝大工の棟梁〟で五輪開会式に登場

真矢ミキが〝大工の棟梁〟で五輪開会式に登場
拡大する(全1枚)
完成した木製五輪の輪(ロイター)

 女優の真矢ミキ(57)が大工の棟梁役で東京五輪の開会式に登場した。

 江戸時代、大工や火消したちが士気を高めるための木遣り唄(きやりうた)が鳴り響くなか、大工たちを引き連れて真矢が勇ましく入場してきた。

 木の恵みとともに暮らしてきた日本。その職人たちに光を当てたパフォーマンスが繰り広げられた。トンカチやのこぎりでの音でリズムを刻むとアクロバティックなダンスが始まった。世界的なタップダンサー・熊谷和徳氏によるタップダンスも披露された。

 大工パフォーマンスの終盤には、1964年東五輪に出場した各国の選手が持ち寄って育てた木の間伐材を使用したという直径4メートルの木製五輪の輪が登場すると真矢も清々しい笑顔を見せた。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

真矢のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「真矢」に関する記事

「真矢」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「真矢」の記事

次に読みたい「真矢」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク