【東京五輪】開会式絡みでまたトラブル…4億円以上も募金集めた「KIMONO」展示できず

【東京五輪】開会式絡みでまたトラブル…4億円以上も募金集めた「KIMONO」展示できず
拡大する(全1枚)
開会式絡みで、まだトラブルが

世界中の国々を表現した213の着物と帯を制作し、着物を通じて世界をつなぎ、平和のメッセージを伝える「KIMONOプロジェクト」(主宰・一般社団法人)は、東京五輪開会式でお披露目をすることができなかった。開会式後に違和感を感じてネット検索する人が殺到し、24日午後の時点でトレンドランキング1位になった。

当初のオリンピック開催予定日だった2020年7月24日に、各国平等に200万円の制作費でKIMONO(振り袖と帯)が完成したことを発表。制作費は全て寄付で賄われ、4億円以上もの募金が集まっていた。

4月に日本人初のメジャーリーガー「マッシー村上」こと村上雅則氏、オリンピアン瀬戸山正二氏の2人を理事に迎えるなど、準備を着々と進めていたイマジンワンワールドの代表理事手嶋信道氏は、サイトでこうコメントを出した。

「7月9日には無観客での開催が決定しました。本来でしたら、世界中の観客で盛り上がるはずの開会式のスタンドでした。その空席通路にぐるりと一周KIMONOを展示し、『世界はきっと、ひとつになれる』を表現することについて、組織委員会にご検討いただき、最後の最後ギリギリまで、開会式でのKIMONOの登場について、その晴れの舞台を探ってまいりました」

しかし、組織内の内紛で、着物が社団に渡されないという事態が発生したという。前理事長が代表取締役を務める会社にKIMONOの保管を委託したが、同社の財務状況と保管状態が悪いことが判明し、今年4月にイマジンワールドは、同社との契約を解除し、KIMONOの返還を求めたという。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク