【ソフトボール】鉄腕・上野由岐子「金メダルへの389球」で実証したストイックさと投球術の進化

【ソフトボール】鉄腕・上野由岐子「金メダルへの389球」で実証したストイックさと投球術の進化
拡大する(全1枚)
金メダルを持ち笑顔の上野由岐子

 絶対的エースの〝スゴさ〟とは――。東京五輪ソフトボール決勝(27日、横浜スタジアム)は、日本が米国に2―0で勝利し、2008年北京五輪以来の金メダルに輝いた。チームを引っ張ったのは、4試合で389球を投げ抜いた鉄腕・上野由岐子(39=ビックカメラ高崎)だ。〝伝説の413球〟から13年。年齢を重ねても、世界一の投手として活躍し続けられるのはなぜか。上野をよく知る2人がその秘密を本紙に明かした。

 13年分の感情があふれ出た。上野が最後の打者を捕邪飛に抑えると、全員が上野のもとへ一直線。右手人さし指を横浜の夜空に突き上げた。全員が口にしてきた「金メダル獲得」を現実のものにした。試合後、宇津木麗華監督から「ありがとう」と声を掛けられた上野は「今まで迷惑をかけてすみませんでした」と謝罪。20年以上の付き合いがある2人だからこその言葉を交わし、涙ながらに抱き合った。

 涙の裏には壮絶な努力が隠されていた。「若い時のように、寝たらすぐ治るというのはない」。当たり前のように連投ができたのは以前の話。30代以降は、何度もケガと戦ってきた。2014年春に左ヒザ軟骨の損傷が判明。19年4月の試合中には、ピッチャーライナーが顔面を直撃。下顎骨骨折で全治3か月の重傷を負った。いずれも競技人生を左右するような大ケガ。それでも、上野はあきらめなかった。「集大成」と位置づける東京五輪で最高の投球を披露するため、リハビリ、投球フォームの改造、やれることはすべてやってきた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ソフトボール」に関する記事

「ソフトボール」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ソフトボール」の記事

次に読みたい「ソフトボール」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク