【柔道】5年前の雪辱! 金メダル・新井千鶴が確立させた〝勝利の方程式〟

【柔道】5年前の雪辱! 金メダル・新井千鶴が確立させた〝勝利の方程式〟
拡大する(全1枚)
金メダルを決め笑みを浮かべる新井

「y=ax+b」で勝った! 柔道競技5日目(28日、日本武道館)、女子70キロ級決勝で新井千鶴(27=三井住友海上)がポレレス(オーストリア)を下し、金メダルを獲得。2016年リオ五輪での田知本遥に続き、2大会連続で日本勢が同階級の頂点に立った。忘れることのできない悔しさを味わったあの日から5年。猛練習で〝勝利の方程式〟を確立させた苦労人が、ついに大輪の花を咲かせた。

 どん底からはい上がった。2016年リオ五輪の代表選考会となった同年4月の全日本選抜体重別選手権では、決勝で田知本に敗戦。五輪切符を逃した。東京五輪には必ず出場する――。再スタートを切った新井は、17、18年世界選手権で連覇を達成。しかし、19年大会はまさかの3回戦敗退に終わり「やってきたことを出し切れなかった。自分は何をやっているのだろう」と大粒の涙を流した。

 周囲からは「真面目すぎる」との声もあった。それでも「真面目」だからこそ、新型コロナウイルス禍の中でも「本当にちょっとのことでもいいから目的を持って取り組む。自分の信念を貫き通してやることが大事だと思う」と気持ちを切らすことはなかった。

 その成果が自国開催の大一番で出た。2回戦、準々決勝を順調に勝ち上がると、準決勝のタイマゾワ(ROC)戦は16分41秒に及ぶ激闘の末、送り襟絞めで絞め落として一本勝ち。決勝のポレレス戦は優勢勝ちを収め、5年前のリベンジに成功した。「自分の信じてきた道をしっかりやってきたと思って、最後は五輪の畳の上に立てた。その思いを持てたし、結果もついてきたので、報われた気持ちです」と喜びを口にした。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク