「鬼滅の刃」偽グッズで16億円荒稼ぎ業者を逮捕 “キャラ・商標”を直接不使用でも摘発の理由

「鬼滅の刃」偽グッズで16億円荒稼ぎ業者を逮捕 “キャラ・商標”を直接不使用でも摘発の理由
拡大する(全1枚)
大ヒットを記録した「鬼滅の刃」

 人気アニメ「鬼滅の刃」の作品を連想させるデザインの偽グッズを販売し、正規品と混同させたとして、愛知県警は28日、不正競争防止法違反(混同惹起行為)の疑いで、横浜市中区のグッズ卸売業「レッドスパイス」社長の斉藤雪容疑者(52)ら4人を逮捕した。主人公・竈門炭治郎の羽織は黒と緑の市松模様、妹の禰豆子はピンクの麻の葉文様で、ともに日本伝統の模様だ。そのため、ちまたには「鬼滅」を思わせる偽グッズがあふれているが、今回、摘発された理由とは…。

 愛知県警は、同社が2019年11月ごろから、中国製とみられる偽グッズ約300品目を取り扱い、計16億円超を売り上げたとみて、被害の全容解明を目指す。

「鬼滅」の偽グッズを巡っては各地で商標法違反や著作権法違反容疑で摘発される例が相次いでいるが、同社が扱うグッズはタイトルロゴなどの商標が使われていないものが多かった。今回、こうしたデザインでも消費者が正規品と誤解する恐れがあるとして、県警は不正競争防止法違反容疑での立件に踏み切った。

 県警は昨年7月、県内のゲームセンターなどで同社の偽グッズが流通していることを把握。これまでに千葉、神奈川両県の倉庫など20か所以上を家宅捜索し、約3万5000点を押収した。

 4人の逮捕容疑は共謀して昨年4~8月、「鬼退治」の文字や黒と緑の市松模様があしらわれた衣類など244点を業者2社に計約12万円で販売した疑い。また、今年1月、税関の許可を得た上で偽グッズ566点を中国から輸入した疑い。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク