【柔道】ウルフ・アロンが金メダルに男泣き! 100キロ級は21年ぶりの快挙

 柔道競技6日目(29日、日本武道館)、男子100キロ級決勝でウルフ・アロン(25=了徳寺大職)が趙グハム(韓国)に延長戦の末、大内刈りで一本勝ち。ニッポン柔道の重量級に金メダルをもたらした。勝負を決めた瞬間、右手を突き上げてガッツポーズ。その後はこみあげてくるものを抑えられず、男泣きした。

 延長戦の激闘を制したウルフは「練習量の部分だけは誰にも負けない自信があった。接戦になればなるほど僕自身の持ち味が出てくると信じて戦った。子供のころからたくさんの大会をここ(日本武道館)でやってきて、自分自身の目標だった東京五輪をここで優勝することができてとても感慨深いです。支えてくれた家族だったり、付き人、応援してくれたすべての人に感謝を伝えたい」と喜びをかみしめた。

 この階級の金メダルは日本男子の井上康生監督が2000年シドニー五輪で獲得して以来21年ぶり。「世界選手権」と「全日本選手権」を含めた〝柔道3冠〟に輝くのは史上8人目の快挙となった。

「井上先生が取ってから20年間、金メダルがない階級だったので、僕自身が取り戻してやろうという気持ちで戦いました。まだ実感はないんですけど、最高です」と胸を張った。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク