【challenge! 新人選手紹介】塚本瑠羽は井上康生や高藤直寿にもまれてきた柔道家

 7月に本格デビューしたルーキー(119期、120期)を取り上げる「challenge! 新人選手紹介」。今回紹介する塚本瑠羽(23=神奈川)は学生時代、柔道で輝かしい実績を残した逸材だ。「プロの世界で勝負したかった」と競輪界に飛び込んできた〝伸びシロしかない〟将来の大砲候補に迫る!

「大学時代の先生は井上康生さん。この前、金メダルを取った高藤直寿さんは大学の先輩で、入れ替わりの代だったんですけど一緒に練習させてもらったこともあります。阿部一二三君とは直接の接点はないけど、年齢が一緒だったので小さい時から全国大会とかで何度も見かけました。昔から強かったですね(笑い)」

 塚本に柔道時代の話を聞くと、日本のレジェンドや東京五輪で活躍した選手など、ビッグネームが続々と出てくる。

 塚本自身も大学時代に20歳以下の大会でアジアチャンピンになるなど、数々の輝かしい成績を残した。しかし「自分より強い人はもっとたくさんいました。僕の口からオリンピックなんて言うにはおこがましいレベルだった」と柔道で世界を目指すことは泣く泣く断念した。

 大学を卒業後は「実業団に入って柔道を続けるか、警察官になるのもいいかなって。収入も安定していますし(笑い)」と様々な選択肢を模索したようだが、最終的には「筋力や体力には自信があったので、プロの世界で勝負したいなと。柔道は26、27歳くらいでベテランといわれるし、基本的に選手生命が短い。それなら、頑張れば長く現役を続けられる競輪選手になろうと思いました。元々、競輪にも興味があったので」とアスリートの血が騒ぐままに、競輪界の門をたたいた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「競輪」に関する記事

「競輪」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「競輪」の記事

次に読みたい「競輪」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク