【レパードS】ステッキ落とすアクシデントも…メイショウムラクモの柴田善臣がJRA最年長重賞V記録更新

 8日、新潟競馬場で行われた3歳ダート重賞・GⅢレパードS(1800メートル)は、メイショウムラクモ(牡・和田勇厩舎)が3番手から直線早めに先頭に立ってそのまま押し切り重賞初V。先月30日に55歳になった大ベテラン・柴田善臣騎手は、これまで岡部幸雄元騎手が持っていた54歳0か月31日のJRA最年長重賞勝利記録を約1年更新した。

「周りが一生懸命おだててくれるけど、あまり気持ちは普通に。今は次々下の騎手が追いついてきますから、そのうち抜かれるんでしょうけど、とりあえず記録ができたのはうれしいです。これは関係者の100%の力です。自分は邪魔をしてしまった」と〝らしい〟言葉で自身の記録を振り返った柴田善騎手。

 レースに関しては「1角で遅くなった時にかかっちゃって。4角では大事なところでステッキを落としたり、あまり格好のいい乗り方ではなかったですね。馬は格好良かったですけど」とその騎乗に辛めの採点をつけた。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「新潟競馬場」に関する記事

「新潟競馬場」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「新潟競馬場」の記事

次に読みたい「新潟競馬場」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク