中日・小笠原が今季最短タイ4回4失点で降板 G打線に2被弾「チームに申し訳ない」

 中日・小笠原慎之介投手(23)が今季最短タイの4回4安打4失点KOされた。

 15日の巨人戦(東京ドーム)に先発したが、初回に坂本から左越えに先制ソロを被弾すると、3回にはウィーラーに左前へ2点適時打、4回にも大城に右中間へソロを浴びた。

 4点ビハインドの5回一死満塁の好機で代打・A・マルティネスを与田監督に告げられ、早々と交代。今季7勝目を狙っていた6年目左腕は「チームに申し訳ない気持ちでいっぱいです…」とコメントし、肩を落とした。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク