【小倉記念】モズナガレボシ格上挑戦で〝覚醒〟の理由 直線一気の差し切りV

 15日、小倉競馬場で行われたGⅢ小倉記念(芝2000メートル=サマー2000シリーズ第3戦)は、6番人気の伏兵モズナガレボシ(牡4・荒川)が重賞初制覇。格上挑戦の身ながら、4角最後方からライバルをまとめて差し切った。3勝クラスを勝ち切れなかった馬が、GⅢの舞台で自身の殻を破ることができた要因はなんだったのか?

「外が伸びる馬場になったので、この(外)枠は良かったですね。向正面でペースが上がった時に脚をためることができた分、最後にいい脚を使えました」

 手綱を取った松山はこうレースを振り返った。前日の土曜は、記録的な豪雨が降りしきる中での開催。当然、芝はバシャバシャの不良馬場。たった一日では回復は見込めないように思えたのだが…。意外や意外、この日は天気の回復とともに急速に馬場が乾き、1R=重→5R=稍重と芝がみるみる復活。ただし、極悪馬場で開催したダメージはしっかり残っており、内めは荒れて、外を回る馬に有利な状況に変貌していた。

 それをフルに生かしたのがモズナガレボシ&松山。道中はじっくりと構え、4角では最後方のポジション。ここからはロスを最小限にとどめるため、ぽっかりと空いた内に入れることも十分可能だったが、そんなことは眼中にないとばかり、迷わず進路を大外へ取った。距離ロスを嫌うよりも伸びる芝をチョイスしたのが大正解。直線での叩き合いから有力各馬が脱落していく中、外から力強く脚を伸ばし、まとめて差し切ってみせた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「小倉競馬場」に関する記事

「小倉競馬場」に関する記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク