中日“立浪監督”が消滅? 与田監督続投の仰天シナリオが浮上したワケ

中日“立浪監督”が消滅? 与田監督続投の仰天シナリオが浮上したワケ
拡大する(全1枚)
与田監督の任期は今季限りだが…

 中日の次期監督候補に“意外な人物”が急浮上だ。今季が3年契約の最終年となる与田剛監督(55)は昨季8年ぶりAクラス入りとなる3位となり、今季は2011年以来10年ぶりの優勝を目指しているが、すでに自力優勝の可能性が消滅。15日現在、4位ながら最下位・DeNAとは0・5ゲーム差に肉薄され、最下位転落の危機が迫っている。球団周辺では早くも次期監督候補を巡ってきな臭い情報が飛び交うなど、ピリピリとしたムードが漂ってきた。

 中日が泥沼から抜け出せないでいる。15日の巨人戦(東京ドーム)も投打の歯車がかみ合わず、2―4で敗戦。東京五輪による中断期間を挟み今季ワーストの6連敗で、借金は今季ワーストを更新する「13」まで膨らんだ。

 前半戦から深刻なのは貧打だ。後半戦も3試合で計5得点のみ。この日も4安打2得点と振るわなかった。0―4の5回に高橋周の適時二塁打、A・マルティネスの押し出し死球で2点を返すのが精一杯で、続く一死満塁の絶好機に1番・京田が見逃し三振、加藤翔が二ゴロに倒れた。

 この場面について与田監督は「個の力を上げないと。京田はファームから上がってきてだんだん良くはなってきているが、一軍は点を取らないと始まらない。チャンスに強くならないと」と注文をつけたが、就任3年目の後半戦に入っても課題の貧打、得点力不足が解消される気配はまったく見られない。

 そんな中で球団周辺では次期監督の話題で騒がしくなってきた。ミスタードラゴンズ・立浪和義氏(51)が後任筆頭候補と目されているのだが、ここへきて複数の“別シナリオ”を指摘する声が出てきているのだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク