【柔道】73キロ級銅メダル・安昌林が日韓両国での差別を告白「ひどい言葉を言われた」

 東京五輪柔道男子73キロ級銅メダリストで在日韓国人3世の安昌林(アン・チャンリム=27、韓国)が日本と韓国で受けた差別を告白したと、同国メディア「朝鮮日報」など各メディアが報じている。

 韓国tvNの番組(18日放送)に出演した安は、これまでに強豪選手とあって日本への帰化を提案されたこともあったが、固辞し、韓国代表として銅メダルを獲得。苦労したことについて「韓国国籍だから試合ができないこと。(代表)選考戦にも出場できないため1年間で出場できる大きな試合はあまりなかった」と語った。

 そんな安は、番組内で日本では差別を受けているとし「日本で〝朝鮮人〟という言葉をよく耳にしたし、在日韓国人を嫌う集団が学校に押しかけ、バ声を浴びせるデモも経験した。私はいなかったが、その現場には弟がいた。その後、日本人を見るたびに震えるというような子供もいた」との被害を告白した。

 また、安は日本よりも韓国で辛らつな仕打ちを受けたという。「私が在日韓国人だということをより強く感じたのは韓国に来たときだ。××××や△△△△(ともに差別用語)などひどい言葉を言ってくる人も多くいた。そうした経験から、在日韓国人という理由だけで差別を受ける人々の勇気になりたかった」と話したという。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク