暴行逮捕のパラ柔道選手「資格証」剥奪 組織委「決して許されるものではない」

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、東京都内のホテルで警備員に暴行して傷害容疑で警視庁に逮捕された東京パラリンピック柔道男子ジョージア代表のズビアド・ゴゴチュリ容疑者の大会参加資格証(AD)を剥奪したことを明かした。

 ゴゴチュリ容疑者は12日午前8時20分頃、大田区内のホテルで男性警備員を押し倒し、首を絞めるなどの暴行を加えて全治1か月の重傷を負わせた疑い。入国時の新型コロナウイルス検査で選手団の1人の陽性が発覚し、ホテルで隔離中だった。同容疑者は濃厚接触者となっていた。

 組織委は「ホテル警備員にいきなり暴行を与えて、ケガをさせるという事案がありました。職務に忠実な警備員に対して、このような振る舞いは決して許されるものでなく、大変遺憾です」として、ゴゴチュリ容疑者のAD剥奪とともに同宿した残りの選手団15人に対しても厳重注意を与えたという。

 また、ゴゴチュリ容疑者と飲酒していた選手については、厳重注意に加えて3日間の謹慎(トレーニング禁止)の処分。ジョージアのパラリンピック委員会に対しても「同一行動をしている同一チームに逮捕者が出たということを重くとらえ、厳重注意を行いました」(組織委)と明かした。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク