巨人が2回途中から継投で連勝! 原監督「大江、高梨がつくってくれましたね」

巨人が2回途中から継投で連勝! 原監督「大江、高梨がつくってくれましたね」
拡大する(全1枚)
救援陣をたたえた原監督

 巨人は25日の広島戦(東京ドーム)を5―3で制し、今カードの勝ち越しを決めた。

 試合は8回に飛び出した岡本和の31号2ランで決したが、この日は原辰徳監督(63)の早めの決断も奏功した。先発した直江を2回途中3失点で降板。その後を大江、高梨、畠、中川、ビエイラの継投で無失点に封じた。

 試合後、原監督は「本当に大江、高梨がね、(試合を)つくってくれましたね」と早いイニングからマウンドに上がった2人の奮投を絶賛。大江竜聖投手(22)は直江がKOされた直後の2回一死一、二塁の場面から2番手で登板し、小園を三ゴロ併殺で仕留め、4回までの計2回2/3を投げて得点を許さなかった。その大江からバトンを受けた高梨雄平投手(29)も5、6回の2イニングで4奪三振。カープ打線に勝ち越しを許さなかった健闘が、岡本和の劇打にもつながった。

 指揮官は「流れが相手に行っている時のリリーフというのは難しいですけども、あの(大江の)ダブルプレー、それと(その後の)2イニングですね。大江のいいところが出ましたね」。当の大江は「ここのところ失点が続いていたので、何とか抑えようと必死でした。何よりチームが勝てたことがうれしいです。明日からもチームのために投げ続けます!」と気合十分。直近の登板2試合でいずれも失点していたが、この日の好リリーフが今後の活力になりそうだ。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

原辰徳のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「原辰徳」に関する記事

「原辰徳」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「原辰徳」の記事

次に読みたい「原辰徳」の記事をもっと見る

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク