【フィギュア】荒川静香さんアイスショー開催への思い「世の中が大変な時…安全に元気が届くように」

【フィギュア】荒川静香さんアイスショー開催への思い「世の中が大変な時…安全に元気が届くように」
拡大する(全1枚)
荒川静香(左)さんと安藤美姫

 フィギュアスケートのアイスショー「フレンズ・オン・アイス」(27~29日、新横浜スケートセンター)が開幕前日に迫った26日、ショーを企画・プロデュースする2006年トリノ五輪金メダルの荒川静香さん(39)が開催への思いを語った。

 現在も新型コロナウイルスは感染拡大の真っただ中。荒川さんは「世の中の状況が大変な時ですが」と現状を踏まえた上で「少しでもショーが安全に、そして元気が届くようなものになるために、私たちは今、考えられる最善を尽くして開催する決定をしました。この3日間のショーでは安全に、そして楽しく過ごし切れればと思っています」と話した。

 コロナ禍の昨年はほとんどのアイスショーや試合が中止。同ショーも安全策が講じられずに断念となったが、荒川さんは「少しずつ生活の中でどのようにしていくことがいいのか?が見つかってきた」と〝ウィズコロナ〟での開催を決断し、「ファンの方にスケートを生で近くで感じていただき、それが皆さんの活力になればいいなという願いで最善を尽くしてきました」と語った。

 一方、北京五輪を半年後に控えた選手たちへは「これまでの五輪シーズンとは全く違った挑み方になると思います」とした上で「今の状況に利点を見つけて頑張ってほしい。プラスに物事をとらえる、そして切り替えることを頑張っていってほしいのが一番の願い」とエールを送った。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「フィギュアスケート」に関する記事

「フィギュアスケート」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク