【東京パラリンピック】柔道界メダル第1号は瀬戸勇次郎 「支えてきてくれた人たちに感謝」

 東京パラリンピック・柔道競技(27日、日本武道館)、男子66キロ級の3位決定戦が行われ、初出場の瀬戸勇次郎(21=福岡教育大)がギオルギ・ガムジャシビリ(ジョージア)に内股すかしで一本勝ちし、銅メダルを獲得した。

 大会前に「どの大会でも一番上を目指したいと思っている」と語っていた瀬戸は、初戦を危なげなく一本勝ちで制したが、準々決勝で無念の敗戦。それでも、敗者復活戦を経て迎えた3位決定戦では、先に技あり奪われながらも、鮮やかな内股すかしを決めた。

 試合後には「今日は2試合目(準々決勝)で気持ちを乱してしまって、なかなかうまくいかなかったが、その反省を今日のうちに生かせた。この1年でいろんな方に支えられて柔道ができていることを再確認できた。支えてきてくれた人たちに感謝を伝えたい」と振り返った上で「今回の反省を次の国内大会から出直して、次は(3年後の)パリ大会で金メダルを取れるように頑張っていきたい」と決意を新たにした。

 福岡県出身の瀬戸は、先天性の弱視で視力は左右0・1未満だが、4歳から柔道人生をスタート。高校3年の夏に視覚障がい者柔道と出会い、国内外の大会で活躍。18年4月から福岡教育大に進学し、文武両道に励んでいる。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク