中日またも “ビシエド個人軍” 化 巨人と1―1ドローに与田監督「2安打ではなかなか勝てない」

 中日が28日の巨人戦(バンテリン)に1―1で引き分けた。2回にビシエドのソロ本塁打で先制したものの、得点はこれだけ。戸郷―ビエイラの継投の前に3回以降は無得点に抑えられた。

 わずか2安打の打線に「タンケ(ビシエドの愛称)の1本だけ。溝脇が後半(8回に)1本出しましたけど、2安打ではなかなか勝てないですから。両チーム点が取れなければこういうゲームということです」と与田剛監督(55)も渋い表情。4―1で勝利した前日の巨人戦も4得点全てがビシエドの打点だっただけに、ネット上では「やっぱり中日はビシエド個人軍」「またビシエド個人軍だ」といった皮肉交じりの声も…。

「いろいろと対策はスコアラーと練りながらやってはいることなので。もう打つしかない」と与田監督は打線の奮起に期待していた。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「小林誠司」に関する記事

「小林誠司」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「小林誠司」の記事

次に読みたい「小林誠司」の記事をもっと見る

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク