【J1】神戸4位転落…大迫が移籍後初のフル出場も惜敗 三浦淳寛監督「連係は多少時間かかる」

【J1】神戸4位転落…大迫が移籍後初のフル出場も惜敗 三浦淳寛監督「連係は多少時間かかる」
拡大する(全1枚)
FW大迫勇也

 J1神戸の日本代表FW大迫勇也(31)が28日のFC東京戦(ノエスタ)で移籍後初のフル出場を果たしたが、待望の新天地初ゴールは生まれず、チームは0―1と痛恨の黒星を喫した。

 2試合連続の先発でホームデビューとなった大迫は1トップで奮闘するも、FC東京のハイプレスに苦しみ、不発に終わった。無得点で敗れた神戸は4位に転落した。

 試合後、三浦淳寛監督は大迫について「彼自身、良い表情で良い状態だと評価している。彼の持ち味をしっかり出してくれた」と高く評価。それでも「連係は多少時間がかかると感じたので、しっかりトレーニングをしていければ」と連係面での課題を指摘した。

 また、MFサンペールは「背負った状態でのプレーがすごくうまい。ボールを落としたり、ファーストタッチの技術、右と左(足)も使えるし、本当にすばらしい選手だ」とストライカーとしての能力を絶賛。シーズン終盤に向けて新エースとして大きな期待が高まる。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク