【新潟2歳S】1番人気アライバルは2着 ルメール騎手「直線でエンジンがかかるのに時間がかかった」

【新潟2歳S】1番人気アライバルは2着 ルメール騎手「直線でエンジンがかかるのに時間がかかった」
拡大する(全1枚)
2着に敗れたアライバル

 世代初のマイル重賞・GⅢ新潟2歳ステークス(29日=新潟競馬場、2歳・芝外回り1600メートル)は、川田将雅騎手騎乗のセリフォス(牡・中内田厩舎)が、終始最内の経済コースをぴたりと回ってデビュー2連勝で重賞ウイナーに輝いた。

 1番人気に支持されたアライバル(牡・栗田厩舎)は、直線追われてから、なかなかエンジンがかからず。ようやくゴール手前で加速したものの、時すでに遅しの2着だった。「こういう馬場もあって、直線でエンジンがかかるのに時間がかかった。それでもラスト150メートルはすごくいい脚を使ってくれたし、まだまだ伸びシロもある」もルメール騎手は前向きな言葉を口にした。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「新潟競馬場」に関する記事

「新潟競馬場」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「新潟競馬場」の記事

次に読みたい「新潟競馬場」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク