笑福亭仁智がファンに師匠・仁鶴さんの死を報告し感謝 継承したギャグも披露

笑福亭仁智がファンに師匠・仁鶴さんの死を報告し感謝 継承したギャグも披露
拡大する(全1枚)
笑福亭仁智

 落語家笑福亭仁智(69)が29日、大阪市のサンケイホールブリーゼで行われた「桂宗助改め2代目桂八十八襲名披露公演」に出演した。

 上方落語協会会長を務める仁智は、自身の創作落語「スタディベースボール」を披露。マクラで「師匠の仁鶴が亡くなりました。この場を借りて御礼申し上げたい」と、17日に骨髄異形成症候群のため、府内の自宅で84歳で亡くなった笑福亭仁鶴さんへの応援に感謝した。

 仁鶴さんの筆頭弟子の仁智は「弟子として少しでも功績を継承せなあかんのですけど、芸は一つ二つ継げております。『どんなんかな~』」と、師匠のギャグをちゃめっ気たっぷりに繰り出して笑いを誘った。

 さらに、口上では「宗助さんは『八十八』襲名で芸が大きく伸びると思う。分からんけど」「『八十八』を上方落語協会の大看板にしてくれると思う。知らんけど」と軽妙なトークで襲名披露公演を盛り上げていた。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク