五輪決勝で高藤直寿に敗れた台湾柔道家の人気爆騰! インスタフォロワーはなんと65倍に

 東京五輪柔道男子60キロ級決勝で、高藤直寿(28=パーク24)に敗れ銀メダルだった台湾の楊勇緯(23)が、地元で大人気となっている。

 台湾「蘋果日報」は楊を「国民の老公(国民の夫)」と報道。東京五輪での活躍と、その眼光鋭いイケメンぶりも話題となり、インスタグラムのフォロワーが7000人から45万人と約65倍に激増。熱狂的ファン「楊太太(楊夫人)」があちこちに現れているという。

 楊は五輪後の各種イベントに呼ばれるなど、露出アップ。自他ともに認める恥ずかしがり屋で、街を歩いて気が付かれるのが心配だそうだが「柔道のことをもっと好きになってもらえるならいいですね」と話している。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク