AKB48坂口渚沙 爆発する知的好奇心「事故物件にも住めます」 緑色UFO目撃談も

 AKB48の坂口渚沙(チーム8、チーム4兼任=20)が“オカルト愛”を爆発させた! 10日公開のオカルト怪談映画「未成仏百物語~AKB48異界への灯火寺~」に出演する坂口。幼少期から年末のオカルト番組で、クリスマスを感じてきたという坂口。吸血UMAである「チュパカブラ」を愛し、座敷わらしに会うために旅に出る日々。昨年から北海道観光大使も務める坂口が掲げる目標とは――。

 同映画は、不可解な出来事やミステリアスな世界、心霊現象などを紹介し、最後に成仏させるという怪談エンターテインメント作品。坂口らメンバー8人がお寺で怪談エピソードを座談会形式で語り合い、その後に供養するドキュメント。坂口は、劇中で事故物件サイトを運営する大島てる氏と実際に事故物件を訪れ、対談シーンにも臨んだ。

「事件の詳細を知って訪れたので、ここが亡くなった場所なんだと思いながら行ったんですけど…。部屋がキレイで私は事故物件に住めるなと思いました(笑い)。怖がった方がよかったのかもしれないですけど」

 お寺で座談会をしたシーンでは、ロウソクの炎が何度かピンと立つように大きくなる場面を目撃し、「霊がいるのかな」と興奮していたという。

「お塩のスプレーみたいなものを持っていって。撮影を終えて帰ったとき、家に入る前にシュッと自分にかけました。そのおかげが、夜は快眠でした(笑い)」

 とにかく笑顔で楽しそうな坂口だが、その謎はすぐに解けた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク