「密フェスのせいで…」千葉市がスパソニ後援取り消しで音楽業界から怨嗟の声

「密フェスのせいで…」千葉市がスパソニ後援取り消しで音楽業界から怨嗟の声
拡大する(全1枚)
熊谷俊人千葉県知事

 千葉市で18、19日に開催予定の大規模音楽フェス「スーパーソニック」(ZOZOマリンスタジアム)が、〝密フェス〟のせいで冷ややかな視線を浴びている。

 主催者によると、各日約1万3000人分のチケットは販売済みで、要望があれば払い戻しに応じる予定だという。

 新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、延期を求めていた千葉県の熊谷俊人知事は9日、記者会見を開催。人流増加による感染リスクに懸念を示し、来場者の直行直帰など感染対策の徹底を主催者側に改めて要請したことを発表。

 スパソニ側は感染防止策を徹底した上で予定通り開催する意向を示したが、これを受け千葉市は9日付で「後援」を取り消したという。

 ネットでは開催をめぐり賛否両論。やはり8月29日に開催された野外ヒップホップフェス「NAMIMONOGATARI2021」(愛知県常滑市)の影響が大きい。

 同フェスは酒類の提供、ノーマスクでの密状態が発生するなど、事前の説明とは違いコロナ対策が徹底されず。さらに、翌日の早朝までアフターパーティーが行われたことも発覚し、イベント関連の感染者数は9日時点で29人。クラスターとして認定された。
 
 しかも密フェス主催者は雲隠れ状態。芸能プロ関係者は「開催前から、密フェスのSNSには大量のクレームが寄せられ、主催者のものとみられるツイッターは閉鎖に追い込まれた」と明かした。

 音楽業界への影響は甚大だ。レコード会社関係者は「スパソニは海外からのアーティストも複数参加する予定。多大なギャラが発生する中、土壇場で知事からの事実上の〝中止要請〟は痛すぎる」と語る。

 別の関係者はフェスそのものに対するイメージ悪化を懸念する。

「どんなに感染対策を講じても、フェス当日になったら参加者はルールを守らないという印象が世間に植え付けられてしまった。密フェスがなければ…という声は多い」

 コロナ禍で模索を続けてきたフェス業界は多大な迷惑をこうむっている。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク