99年のオークス馬ウメノファイバー死ぬ 蛯名調教師「子供たちが走ってくれることを期待しています」

 1999年のオークスを制したウメノファイバーが12日未明、老衰のため繁殖牝馬として繋養されていた北海道新冠・ハクレイファームで死んだ。25歳だった。

 同馬は2歳(当時の3歳)夏に函館でデビュー。京王杯3歳S、クイーンCと重賞2勝し、7番人気で臨んだオークスでは蛯名正義(現・技術調教師)を背に大外からの差し切りでGⅠタイトルを手にした。繁殖入り後は母としては目立った活躍馬は出せなかったものの、孫のヴェルデグリーンが重賞2勝をマークするなどそのDNAは脈々と引き継がれている。

 同日の中山競馬場で知らせを受けた蛯名調教師は「寂しいものですね。オークスは自分が勝ったGⅠの中でも一番うまく乗れましたし、トゥザヴィクトリー(のちにドバイWC2着)を負かしたのだからすごいことをしました。子供たちが走ってくれることを期待しています」と語った。

 管理した相沢郁調教師の話「開業2年目でオークスを勝ってくれたし、子供も孫も走ってくれた。まさに相沢厩舎のために生まれてきたような馬でした。25歳まで長生きしてくれたし、本当にお疲れさまと言いたいです」

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「オークス」に関する記事

「オークス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オークス」の記事

次に読みたい「オークス」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク