AKB48横山由依 晴れて12月卒業…NGT騒動の2年前は「予定」固辞していた

 アイドルグループ「AKB48」の前総監督・横山由依(28)が12日、グループからの卒業を発表した。決断した理由を「思い描いてきた夢がより具体的に見えてきた」と語ったが、取材によれば〝夢〟は「女優」。48グループを巻き込んだ騒動で、卒業を思いとどまったこともあったという。


 横山は2009年9月にAKB48の9期生オーディションに合格。15年12月の10周年記念公演で、高橋みなみからバトンタッチし、2代目総監督に就任。19年3月いっぱいで3代目・向井地美音に引き継ぐまで、3年4か月務めた。

 ステージで、横山は決断した理由について「ここ最近、私が以前から思い描いてきた夢がより具体的に見えてきたので、一歩踏み出そうと決断しました」と説明した。

 頼もしい若手の台頭でグループの新しい流れを感じたことも告白。その上で「加入して12年いたんですけど、本当に大切で宝物のような仲間に出会えたこと、どんな時も応援してくださるファンの方に出会えたこと、AKBでかけがえのない大切な経験をさせていただいたこと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです」と語り、自身について「夢とか希望を持っていただけたり、明日から頑張ろうという活力のような存在でいたいなと思っています」と誓った。

 時期は未定ながら卒業コンサートは開催予定。東京・秋葉原にあるAKB48劇場での卒業公演は12月9日を予定する。

 横山は「あと3か月ですけど、これからも応援してくれたらうれしいですし、今後もAKB48をよろしくお願い致します」と頭を下げた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

横山由依のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「横山由依」に関する記事

「横山由依」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「横山由依」の記事

次に読みたい「横山由依」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク