非公開: NHK上方漫才コンテスト「ビスケットブラザーズ」がラストイヤーで栄冠

記事まとめ

  • NHK上方漫才コンテストで「ビスケットブラザーズ」が優勝した。
  • 参加資格が結成10年未満の同大会で、今年がラストチャンスだった。
  • 今後の目標は、キングオブコントでの優勝とNHKで冠番組を持つことだという。

 お笑いコンビ「ビスケットブラザーズ」(きん=30、原田泰雅=29)が16日放送の「第51回NHK上方漫才コンテスト」で優勝した。

 意外にも本選初登場の2人は、本選1回戦で「レジを背負った召し使い」のコント、ニッポンの社長との決勝戦では「おじさんがつくキャバクラ」のコントを披露し、参加資格が結成10年未満の同大会でラストチャンスをものにした。

 ラストイヤーでの制覇に、きんは「今年はオーディションでも『落ちたら落ちたでしゃあない』と開き直れた。8年目、9年目は焦りもありましたけど、ラストイヤーはおまけという感覚もあって、気負うことはなかった」。原田は「好きなことをやってみようと、振りかぶってやらせてもらった。2本とも楽しめた。どうにでもなれと体当たり的にやれた」と明かした。

 昨年のytv漫才新人賞決定戦に続き2冠目となったが、原田が今後の目標について「コントで勝負して賞をいただいて、すごくありがたい。キングオブコント優勝したい」と話すと、きんは「賞レースではキングオブコントで優勝したいですし、NHKさんでぜひ冠番組を安心してお任せいただけるようになりたい」と、ちゃっかりアピールしていた。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク