【ローズS】桜&樫5着馬アールドヴィーヴルは3着 松山騎手「勝負どころで反応しきれなかった」

【ローズS】桜&樫5着馬アールドヴィーヴルは3着 松山騎手「勝負どころで反応しきれなかった」
拡大する(全1枚)
1番人気だったアールドヴィーヴル

 秋華賞トライアルのGⅡローズステークス(19日=中京競馬場、芝2000メートル)は、福永祐一騎手鞍上のアンドヴァラナウト(池添学厩舎)が、中団外から直線抜け出して、重賞初挑戦初Vを決めた。

 桜花賞オークスともに5着と春のクラシックで善戦していたアールドヴィーヴル(今野厩舎)は、じっくり脚をため、末脚勝負に出るいつものスタイル。直線では馬混みの中からジワリジワリと伸びてきたが、前にいたアンドヴァラナウト、エイシンヒテンの2頭はかわせずに、1番人気3着に終わった。

 松山騎手は「勝ち馬の後ろのいい位置でレースはできましたが、勝負どころで反応しきれませんでした。それを思えばよくここまで詰めてくれたと思います」と話した。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「秋華賞」に関する記事

「秋華賞」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「秋華賞」の記事

次に読みたい「秋華賞」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク