【秋場所】新横綱・照ノ富士がストレート給金 看板力士の自覚十分「土俵の上でいい相撲を」

 大相撲秋場所8日目(19日、東京・両国国技館)、新横綱照ノ富士(29=伊勢ヶ浜)が幕内玉鷲(36=片男波)を寄り切り、ストレート給金を決めた。

 どんな窮地にも屈しない。照ノ富士は右前みつを取るも玉鷲に周り込まれ、のど輪にのけ反ってしまう。しかし、土俵際に踏みとどまり、もろ差しで形勢逆転。そのままベテランの相手を退け「冷静に相撲を取れたと思います。一生懸命やっているだけです」と振り返った。

 絶体絶命のピンチを乗り越えて無傷の8連勝。これで早くも勝ち越しを決めた新横綱は「まだ終わったわけではないので」と話すように、表情が変わることはない。また、白鵬(宮城野)が不在の中、一人横綱として横綱土俵入りから取組まで注目を集め、大きな拍手を浴び続ける。こうした独特な雰囲気にも「土俵の上でいい相撲を見せられたらいい」と、看板力士としての自覚を感じさせる。
 
 前半戦で圧倒的な強さを見せつけた照ノ富士。このまま崩れることがなければ賜杯が現実味を帯びてくるが「まだ終わったわけではない。一日一番頑張っていきたい」と気を引き締めた。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大相撲」に関する記事

「大相撲」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大相撲」の記事

次に読みたい「大相撲」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク