【K―1】石井慧 苦戦の末に初参戦初勝利「けさ宇宙人を、一昨日カッパを見た」

 立ち技格闘技「K―1 WORLD GP 2021 JAPAN」(20日、横浜アリーナ)で、K―1ルール初挑戦となったMMAファイターの石井慧(34)が、愛鷹亮(31)に延長の末に判定勝ちをつかんだ。

 元北京五輪柔道男子金メダリストは、進化を求めて立ち技ルールへの挑戦を決断。この日のK―1ルールデビュー戦では元AKB48・SKE48の佐藤すみれの夫でもある愛鷹と対戦した。

 1Rは相手の蹴りを裁きながら前に出て、左のローとミドルキックをヒットさせることに成功。さらに右フックを顔面に当ててグラつかせ、左のハイキックを放つ場面もあった。2Rも接近戦を仕掛けるも、互いに決定打は許さなかった。

 最終3Rも積極的に前に出た石井は左フックとアッパーをヒットさせ、ローキックでのダメージに耐えながら前に出た。結果は判定にゆだねられたが、1―0でまさかの延長戦に突入。両雄、気力を振り絞りながらの戦いとなったが、石井は手を止めずに殴り、さらにローキックで相手をグラつかせるなどして判定3―0で勝利した。

 試合後、石井はマイクを持ち「無事に勝ててよかったです」と安どの表情。さらに「12月4日大阪大会、地元大阪でぜひ試合やりたいです。よろしくお願いします!」と、エディオンアリーナ大阪大会への参戦を熱望した。K―1について「特別ですよね。小さいころから見ていましたし。ミルコ(クロコップ)もK―1のことを『自分の魂だ』と言っていましたから。特別な場所です」と話した。

 また、相手のローキックに関しては「けさ宇宙人を見たんですけど、その時に『ローキックに気をつけろ』って言われたんです。あ、それと一昨日、目黒川でカッパも見て…(以下略)」と様子がおかしかった。

 また、最後に石井の練習仲間でもある〝バカサバイバー〟こと青木真也も「IGFの奥田さんにバトンをつなげましたね」と祝福のコメントを出している。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク