1996年アジア杯 代表イレブンを救ったカップ麺「ラ王」

【多事蹴論(14)】 苦境に立たされた日本代表を救ったのはカップラーメンだった――。1996年にUAEで開催されたアジアカップにディフェンディングチャンピオンとして臨んだ日本代表は加茂周監督に率いられて連覇を目指していた。しかし、当時の日本代表はまだW杯出場を目指している段階。現在のようなサポート体制が確立されておらず、不慣れな中東の地で万全の体調を整えることも難しい状況だった。

 特に選手たちを苦しめたのは食事だ。日本代表に専属シェフが同行したのは94年にカタール・ドーハで開催された米国W杯アジア最終予選(93年開催)が初めて。しかし、その後は海外遠征でもイレブンに日本食が振る舞われることはなく、長期遠征となったアジアカップでも日本人にとってパワーの源といえる白米もなし。現地のメニューを食べるしかなかったという。

 満足のいく食事が食べられずに、選手たちのストレスはたまるばかりでイライラを募らせる選手も出てきた。しかも日中の気温は40度超で開幕を前に徐々に消耗。コンディションも上げるどころか悪化していく中、選手たちを救ったのはカップラーメンだった。

 当時、大スターだった日本代表MF前園真聖とMF中田英寿は日清食品のカップ麺「ラ王」のテレビCMに出演。前園がメインで中田が脇役で登場し、大きな話題となったCMだったが、その縁で日本代表で遠征に臨んでいる前園に同社から大量の「ラ王」が届けられた。それを知ったイレブンは歓喜したという。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク