西武・森が3カ月ぶりの10号先制弾「先制点を取れてよかった」

西武・森が3カ月ぶりの10号先制弾「先制点を取れてよかった」
拡大する(全1枚)
西武・森

 西武森友哉捕手(26)が23日の楽天戦(メットライフ)に「3番・捕手」でスタメン出場。1回二死の第1打席で楽天先発・滝中から先制の10号ソロを放った。

 滝中の初球、甘く入った142キロストレートを迷いなく強振した一発は右翼スタンド中段にまで到達する文句なしの一撃。6月19日のロッテ戦(メットライフ)以来となる約3カ月ぶりのアーチは、2年ぶり通算5度目となる2ケタ本塁打となった。

 森は「打ったのはストレートです。手ごたえは良かったです。先制点を取れてよかったですし、『SAVE LIONS』の日にホームランを打てて良かったです!」とコメントした。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク