大分の〝鼻出しマスク市議〟がブログで反論「マスクの強要以外の何物でもありません」

 大分の〝鼻だしマスク市議〟が全国ニュースに取り上げられ話題だ。

 大分県臼杵市の市議会がマスクをめぐって紛糾した。21日に開かれた決算委員会に出席した若林純一市議(61)はマスクを着用していたものの鼻が出ている状態だった。これを委員長が注意。若林氏は無視し、最終的には退席していた。

 地元メディアに対して、若林氏は発言の許可が得られないから退席したと説明している。過去にも新型コロナウイルスワクチンの接種停止を訴えるチラシをマスクを着けずに学校周辺で配ったことで議会から厳重注意を受けていたという。

 22日に若林氏はブログを更新。「理由のないマスク強要には従えません」とのタイトルで持論を主張した。

「『正しいマスクの着用』がされなければ『発言を許可しない』というのはマスクの強要以外の何物でもありません」と委員長の対応に反論。「あいまいなマスク着用ルールにより議員としての権利である、発言の機会を与えられず、黙って座っておけという措置はあまりに理不尽、退席させていただきました」と正当性を強調していた。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク