【JRA】左鎖骨のプレート除去手術を受けた藤田菜七子騎手が退院へ 28日から復帰予定

【JRA】左鎖骨のプレート除去手術を受けた藤田菜七子騎手が退院へ 28日から復帰予定
拡大する(全1枚)
藤田菜七子騎手

 JRAのトップ女性ジョッキーとして活躍する藤田菜七子(24=根本厩舎)が手術のため、今週末の中山競馬場で騎乗をしないことが分かった。

 21日に左鎖骨のプレート除去手術を受けて現在入院中。24日に退院を予定している。来週の28日から茨城・美浦トレーニングセンターでの調教に参加予定で、レースにも復帰する。

 藤田騎手は「先週の3日間開催が終わった翌日に手術を受けました。具合は悪くなく、特に問題はありません。プレートの違和感はなかったんですが、骨がくっついたタイミングで取ろうと思っていました」と語った。

 なお、リハビリの必要はないという。藤田騎手は昨年2月15日の小倉競馬第5レースで、ランサムトラップに騎乗して落馬。左鎖骨を骨折した。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

藤田菜七子のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「藤田菜七子」に関する記事

「藤田菜七子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「藤田菜七子」の記事

次に読みたい「藤田菜七子」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク