【競泳】池江璃花子が始球式を振り返る「球技苦手な割には上手く出来たのでは」

【競泳】池江璃花子が始球式を振り返る「球技苦手な割には上手く出来たのでは」
拡大する(全1枚)
池江璃花子

 東京五輪競泳女子代表の池江璃花子(21=ルネサンス)が26日、自身のインスタグラムを更新し、始球式を務めた25日のプロ野球・ヤクルト―中日戦(神宮)を振り返った。

 自身の誕生日である7月4日にちなんで「74」の背番号が入ったヤクルトのユニホームを着用した池江は、2024年パリ五輪をイメージした青・白・赤のオリジナルグラブを手にマウンドへ上がり、侍ジャパンとして東京五輪で金メダルを獲得したヤクルト・村上宗隆内野手からボールを受け取ると、見事なノーバウンド投球を披露した。

 池江は「緊張と不安でいっぱいだったけど、ノーバウンドで投げられたのは練習を沢山した成果です」とつづった上で「村上宗隆選手から受け取ったボール、球速は60で出るか出てないかくらいみたいだけど、選手はこれより100キロ近く速く投げてると思うと、改めてすごいと思いました。とっても楽しかったです~♪球技苦手な割には上手く出来たのではと…どうでしたでしょうか!!笑」などとコメントした。

 また、始球式時の写真や動画も合わせて投稿。フォロワーからは「最高です」「カッコいいです」などと称賛が相次いでいる。

当時の記事を読む

池江璃花子のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「池江璃花子」に関する記事

「池江璃花子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「池江璃花子」の記事

次に読みたい「池江璃花子」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク